お墓ができるまで??
 
 
墓地を決める
 お墓は一生一度の大きな買物ですから、気に入らなかったから買い替えるという訳にはい きません。それだけに慎重に選ばなければいけません。どんな点に注意すれば、後々、後悔 しないですむかをチェックしましょう。
◆宗教はこれでよいか? ◆墓地の環境はよいか?

 民営霊園公営霊園の場合は、宗教宗派 は関係ありませんが、寺院墓地の場合は同 じ宗派の人しか買えないことも多いようです。 ですから買う前にまず、自分の 家の宗派を確認することが大切です。ただし、過去の宗派は、問わないお寺もあるようですので、一度当社にご相談ください。

 これからお墓参りに行くようになる場所 ですから、立地条件は重要です。人によって好みがあるので一概に言えませんが、心の安らぎを感じられ、自然が多く、平地形がお参りしやすい場所といえます。
◆自宅から墓地までの距離・時間・交通機関 ◆お布施の椙場を知る

 一般的に、連れ合いが亡くなる頃には皆さんもそれなりにご高齢のはずです。ですから お墓参りに行くには遠方では大変です。自宅から車などを使って1時間以内で行ける場所> が理想的です。墓地までの交通機関をチェックして、後々大変な思いをしないように…。

 寺院墓地を選ぶと、いつでも葬儀や法事を頼めるお寺さんがいるのは心強いですが、 気になることはお布施の相場です。墓地の永代使用料が安くてもお布施が高くてお寺との付き合いができなくなるということもありえます。直接、聞けない場合は目上の方や当社におたずねください。
◆運営主体の信頼性 ◆永代使用料について

 墓地の運営は永続性の観点から、公共性の高い自治体や宗教法人が行っています。しか し、それぞれの墓地は、管理費などで整備し、存続していくわけですから、将来、予算が足 りなくなって充分な管理がされなくなる場合もあります。ですから、墓地を求める時はその霊園の将来を見極めて購入しましょう。また、お寺の場合は後々の法要などをそこで頼 む訳ですから、住職の人となりが信頼できるかどうか充分、確認しましょう。

 「墓地を買う」といっても、正確にはその土地を買うわけではなく、得るということです。で永代使用料というのは、「これから家が続く限りこの場所を使わせていただく」ための費用なのでまた、墓地を使わなくなからといっても、永代使用料は返還されませんのでご注意を。